Freud quotidien

フロイトおよび精神分析をめぐるエッセー、スローリーディング、書評、試訳などなど

フロイトとエピジェネティクス?(その2)

 

 第一次世界大戦に出征した兵士らのみる外傷夢は、夢が願望の成就であるとのフロイト理論の妥当性を問いただした。

 

 そのときフロイトはみずからの夢理論を擁護すべくつぎのように推論した。

 

 すなわち、睡眠中に心のなかに生起することすべてが夢なのではない、と。

 

 この論理はすぐれてフロイト的である。たとえば、テレパシーの存在を正当化する際にフロイトが持ち出す理屈はこれとまったくおなじものである。

 

 この時期の理論的危機がフロイト理論の新たな転回を告げることになったとすれば、1897年における誘惑理論の放棄はフロイト理論の誕生を画するおなじような critical point (ことばのすべてのいみにおける)であったといってよい。

 

 この出来事がオイディプス・コンプレクスの発見につながったとは通説となっているところである。

 

 フロイト父親による誘惑を、現実に起きた出来事ではなく、幻想に帰すことを迫られる。

 

 このときいらい、精神分析は外的な現実ではなく「心的現実」を対象とするようになった。これもまた通説となっているところである。

 

 しかし、『幻想の起源』のラプランシュとポンタリスが指摘するように、「心的現実」とは外的現実に対置されるかぎりでの心のなかにしかない現実をいみしない。

 

 それは上のふたつの現実のはざまにあるもうひとつの「現実」である。

 

 フロイトは誘惑をいわばたんなる虚構に帰すことを放棄し、あくまでそれの「現実」に起きたことであることにこだわった。

 

 ユングが幻想の起源を元型という形而上学的実体にもとめたのにたいし、フロイトはこれをあくまで「現実」に基づかせようとした。

 

 個人史上の事実を系統発生的な事実のうちに移し替えることで、誘惑理論を“救済”しようとしたのである。

 

 これは「個人的な事実」を超えた「歴史的事実」であると『精神分析入門』のフロイトは呼ぶことになる。

 

 このときフロイトの射程にあったのは“事実”をこえた“真理”であろう。

 

 これはフロイト晩年の「歴史的真理」という観念へとつながっていく。

 

 「精神分析における構築の仕事」においても『モーセ一神教』においてもフロイトはそれを口にしている。

 

 妄想を真理と反するものとして退けるのではなく、妄想に宿る一片の真理を本質的なものとしたのだ。

 

 夢も妄想も、どんなに歪曲されていようとも真理に基づき、真理を内包している。

 

 ラカン的な真理もしくは現実界の観念はここからあと一歩である。

 

 フロイトにおける系統発生への言及が時代を追うにつれて減るどころか増えていることにふしぎはないのだ。

 

 

フロイト熟読玩味!:『快原則の彼岸』(1)

 

 フロイトのことばを逐語的にたどることによってその含蓄に分け入るこころみをスタートさせます。手始めに『快原則の彼岸』の冒頭を読んでみましょう。

 

 

In der psychoanalytischen Theorie 

 

精神分析の理論において

 

nehmen wir unbedenklich an, 

 

われわれはためらいなく仮定している

 

daß 

 

つぎのことを。

 

→「仮定すること」はすぐれてフロイト的な行為。vermuten という動詞が当てられることもあります。「ためらいなく」「仮定する」というのはあるいみオクシモロン的ないいかたととれないこともありませんね(これまたすぐれてフロイト的なあゆみです)。

 

 

der Ablauf der seelischen Vorgänge 

 

こころのもろもろの過程のなりゆきは

 

automatisch 

 

自動的に

 

durch das Lustprinzip 

 

快原則によって

 

reguliert wird, 

 

規制されていると。

 

 

→ seelisch という曲者の形容詞についてはアルーシュおよびベッテルハイムを参照のこと。フランス語版全集は animique としています。「過程」は「一次過程、二次過程」という術語をただちに想起させますが、「情動過程」「エネルギー過程」「興奮過程」といったコンテクストでも用いられます。

 

 

das heißt, 

 

つまり

 

wir glauben, 

 

われわれは信じている

 

 

→ glauben も曲者です。これについてはデリダの「フロイトについて:思弁する」にそくしてふたたびたちもどります。

 

 

daß 

 

つぎのように。

 

er 

 

それは

 

jedesmal

 

そのつど

 

durch eine unlustvolle Spannung

 

不快にみちた緊張によって

 

angeregt wird

 

始動し

 

 

→ anregen をフランス語版全集は mettre en mouvement としています。「うごき」というニュアンスを重視しているわけですね。

 

 

und dann 

 

それから

 

eine solche Richtung

 

以下のような方向を

 

einschlägt, 

 

とると。

 

 

→ 「道」にかんする語はフロイトにちかしいものです。(もちろんハイデガーにとっても。)一文めの Ablauf に仏語版全集は cours を当てています。

 

 

daß 

 

すなわち

 

sein Endergebnis 

 

それの最終結果が

 

mit einer Herabsetzung dieser Spannung, 

 

この緊張の減少に

 

also 

 

それゆえ

 

mit einer Vermeidung von Unlust 

 

不快の回避

 

oder 

 

あるいは

 

Erzeugung von Lust 

 

快の産出に

 

zusammenfällt.

 

一致するような[方向である]。

 

 

→ 前綴り her-、および「回避」というみぶりに着目しておきましょう。zusammenfallen はきわめて具象的なイメージにとむ語です。たしかジャン=ミシェル・レーとウラジミール・グラノフも『オカルトーーフロイト的対象』で問題にしていた記憶があります。

 

 (à suivre)

 

 

フロイトのドイツ語(その1)

 ヴァルター・ムシュクの Freud als Schriftsteller (Kindler, 1975) 以来、フロイトのドイツ語についてはすくなからぬ書が書かれている。

 

 そのうちベッテルハイム『フロイトと人間の魂』(Freud and Man’s Soul, Knopf, 1983)、マホーニ『フロイトの書き方』(Freud as a Writer, Yale University Press,1982)はさいわいなことに邦訳がある。

 

 前者はストレイチーらによるスタンダード・エディションの翻訳を批判する立場から書かれた名著。

 

 後者は日本語訳が生硬すぎてリーダブルとはお世辞にもいえないが、フロイトの症例研究についてめざましい仕事を残している著者によるもので、デリダ派のレトリカルなフロイト論をふまえており、それぞれ有益である。

 

 ひかくてきさいきんのものでは、フランスのドイツ系作家アルテュール・ゴルドシュミドによる Freud et la langue allemande (Buchet Chastel, 2006)という2巻本があるが、いかんせんフロイトを読み込んでいる形跡がなく、おまけに繰り返しが多くて芸がない。Quand Freud voit la mer と題された一巻めでは動詞の前綴りのニュアンスを駆使した視覚的で空間的な言語感覚を論じ、 二巻めの Quand Freud attend le verbe では、タイトルどおり、文末に動詞が来て文が完結するまでの揺らぎとサスペンスにみちた構文を論じている。

 

 L’écriture de Freud (PUF, 2003) の著者ジャニーヌ・アルトゥニアンはフランス語版フロイト全集(PUF)の翻訳者のひとりで、既存のアバウトきわまる仏訳と照らし合わせながらフロイトのドイツ語の含蓄に分入っている(ベッテルハイム本からの影響が伺える)。

 

 その内容の一端をみてみよう。

 

 たとえばまず挙げられるのは、

 

 Seelenapparat

   Seeleninstrument

   Kotsäule

   weibliche Geschlechtsglied

 

といった術語である。

 

 これを appareil  psychique, instrument psychique, bol fécal, organe sexuel féminin と訳しては元も子もない、と著者は言う。

 

 これらの術語に見てとるべきは、「医学と文学の並置」である。

 

 appareil d’âme, instrument d’âme, colonne d’excrément, membre sexué féminin と訳すことによってそのニュアンスがより伝わるであろう(colonne d’excrément のファリックな含意に至るまで。)

 

 Seele という語についてはジャン・アルーシュの La psychanalyse est-elle un exercice spirituel? : Réponse à Michel Foucault (E.P.E.L., 2007) が刺激的な考察を加えている。あわせて参照のほどを。

 

 (à suivre)

 

 

ラカン派の「魔女」狩り?:反MLP(ルペン)キャンペーン続報

 

 フランス大統領選の第一回投票まで残すところ三週間。ラカン派(ECF)の反マリーヌ・ルペンMLP)キャンペーンがつづいている。

 

 ある調査によれば、「幸福度」が低い層ほどMLPを支持する傾向にある。このランキングにおいてメランションはその後塵を拝し、容易に察せられるように、エリート臭ふりまくマクロンは最下位に位置している。

 

 各種事前調査ではMLPとマクロンの得票率は伯仲しているが、MLPには長年の確固たる支持者が多く、ぽっと出のマクロンにはどっちつかずの消極的な支持者が多いことがはっきりしている。

 

 懸念される大量の棄権票はとうぜんのことMLPを利する。

 

 というわけで、端から眺めているかぎり、MLPが圧倒的なアドヴァンテージを有しているようにしかみえないのだが、多くのフランス人は最終的に共和主義者連合がポピュリスムを蹴散らすと楽観しているらしい。

 

 一部の楽観派からパラノイア扱いさえされている悲観論者ジャック=アラン・ミレールは、ここ数日、Lacan quotidien 紙上で Journal Extime と銘打った「自動筆記式」の手記をやけっぱち気味にえんえん垂れ流している始末。

 

 同紙には連日、FN(国民戦線)をいわば re-diaboliser(dé-dédiaboliser?)しようと躍起になるスローガンが踊る。

 

 アニェス・アフラロによれば、MLPは「よき母の仮面をかぶった死の欲動」である。

 

 アフラロによればEUは、第二次大戦における同胞どうしの(fraternel)殺戮の再現を防ぐべく創設された「妥協形成」であり「症状」である。

 

 MLPはその創設者たる「父」らの遺産を破壊し、欧州をふたたび死の欲動の餌食に供さんとしている。

 

 クリスティアーヌ・アルベルティの「精神分析はFN的言説の真逆である」という記事は、「無意識とは政治である」とのラカンの発言を想起しつつ、人目がシャットアウトされる投票所のカーテンの中では投票者の無意識が露になるとする。

 

 ところで、臨床が教えるところによれば、憎悪は人間のもっとも根本的な情熱である。

 

 それゆえMLPとの戦いは、なによりもこの内なる憎悪との戦いというかたちをとる。

 

 おもしろいことに、「内なる敵」とはMLPじしんがつかっているレトリックでもある。

 

 ピエール・ナヴォーによれば、「矛盾の操作のエキスパート」たるMLPは、「移民(immigration)に対抗する解決策はFNだ」と主張するいっぽうで、奇妙にも「敵は移民(migrant)ではない。……敵はわれわれのなかにいる」とも述べている。

 

 このばあいの内なる敵とは、移民の人身売買を促す「ラディカルな個人主義」ということになるらしいのだが(それゆえ敵は単数形の移民ではなく、複数ないし総称としての移民である)、この修辞を以てナヴォーはMLPは「推論を憎悪している」とその蒙昧主義を告発している。

 

 マリー=エレーヌ・ブルースはMLPの右腕(FN副党首)フロリアン・フィリポのツイートを引いてFN的修辞を分析している。

 

 くだんのツイートにいわく、「愛国者の友たちよ、あと数週間でわれわれは<システム>のバスティーユを陥落させることになるだろう。この<システム>こそフランスに対する最後の攻撃を仕掛けている張本人だ」。

 

 ちなみに「システム」とはFNのジャーゴンのひとつであるが、ブルースによれば、この語が指し示しているのは、現体制の共和的民主主義体制そのものである。

 

 FNは共和制を攻撃するためにとうの共和制をもたらしたフランス革命のイコノグラフィーを「横領」している。このように、ジャンヌ・ダルクからドゴールにいたるまでの「国民的シニフィアンの恥ずべき横領」がFN的修辞の常套手段となっている。

 

 「ルペンの娘たち[とりあえずMLPおよび姪マリオン・マレシャル=ルペンを指す]は三色旗で仕立てた演説用の晴着をまとってテレビ局や集会にお目見えする。かのじょらが国旗をまとうのは、熱に浮かされた内戦への呼びかけを隠すためである。かのじょたちは国民を誘拐し、二重の鍵でじぶんたちのあばら屋に幽閉し、その身替わりとして怪物的な分身を送り込む」。

 

 さしずめ反共映画『ボディー・スナッチャー』のイメージか?

 

 くだんのツイートに言う「友」とは「敵」を前提にした呼びかけであり、かれらのつかう「われわれ」ということばもまたつねに「あいつら」とセットになっている。

 

 FNは恐怖と憎悪のせいで réel なるもの(それは変化、新しさ、予期できないもの、不連続という相において現れる)を直視し得ないでいる。

 

 そのかぎりでFNはISとパラレルである。荒廃した郊外で「行き場をなくした若者たち」がドラッグとISに吸い寄せられているのとどうように、「フランスの静かな田園地帯」では若者のFNへの加入が増加している。

 

 ユダヤ人を殲滅したナチスが最終的にドイツ人じしんの殲滅に至ったように、他者への憎悪は自己への憎悪という帰結を招く。

 

 精神分析によって「<主人>の言説の無意識」を明るみに出すひつようがある、とブルースは結んでいる。

 

ラカン派による反ルペン声明

 

 フランス人の3割が来る大統領選でマリーヌ・ルペンに投票するにやぶさかでないとする調査結果を「ル・モンド」が公にしている現在、国民戦線の党首がかの国の政権を手中にする可能性がいよいよ否定できなくなってきた。

 

 エコール・ドゥ・ラ・コーズ・フルーディエンヌ(E.C.F.)発行のウェッブ・ジャーナル Lacan quotidien (http://www.lacanquotidien.fr/blog/)もこのところ反ルペンのキャンペーンを張っていたが、13日付で反ルペン声明をだして分析家らに署名を呼びかけるにいたった。いわく、

 

 「われわれの職業的実践の可能性が問われているのだ。法治国家のないところ、意見と出版の自由のないところ、開かれた社会の雰囲気と活力のないところには、その名にあたいする精神分析もない。それゆえわれわれは政治的行動を留保する態度から一歩をふみだし、憎悪の信奉者に対抗するわれわれの声明に署名することを同胞に呼びかけるものである」。

 

 学派の重鎮ジェラール・ミレールは9日付の「ル・モンド」に「左派が左派に投票することはまだ許されるのか?」というタイトルの記事を寄せ、マリーヌ・ルペンの当選を阻むために左派がみずからの理念をかなぐり捨てて「もっとも有能な選挙官僚(有効なコマ)」たるマクロン支持に雪崩を打って立場を翻しつつあることに警鐘を鳴らしている。

 

 いまの左派の立場をミレールふうに代弁すればこうなる。「メランションよ、身を引くべし。あなたは最高の候補なのだから」!

 

 ルペンとマクロンの対決がトランプとヒラリーのそれの二番煎じに終わるという悪夢が現実のものとなりつつある現在、じぶんは世論調査会社に意見を左右されることを断固拒否し、最高の候補であるメランション(いわばフランスのバーニー・サンダース)に投票するとジェラール・ミレールは宣言する。

 

 これにたいしおなじル・モンド紙上で兄でもあるジャック=アラン・ミレールが反論。いわく、

 

 左派はベーシック・インカムや薬物自由化といった「阿片」をふりまいている。メランションの「不屈のフランス」は政党ではなくファンクラブだ。「前進」のマクロンとおなじ穴の狢だ。

 

 第一回投票ではみずからの「夢」に投票し、決選投票では現実的にふるまうという biface な選択肢は、ふつうであれば「罪のない愉しみ」として許される。しかしこんかいにかぎっては「罪ふかい愉しみ」である。「なぜならば人類の敵がまぢかに攻め寄せているからだ」。

 

 すでに50%の警官がルペンを支持しているという現実、予期しうる経済政策の失敗を考慮すれば、ハンガリーポーランドについでフランスが法治国家でなくなる可能性を否定できない。

 

 こんかいの選挙の争点はルペンを通すか阻むかのただ一点に集約されている。

 

 政治家が左派も右派も幻想にふけっている現在、市民社会の諸セクターが立上がらなければならない……。

 

 それがこんかいの声明であるというわけだ。

 

 Lacan quotidien 630号~においては以下のような記事が読まれる。

 

 アルマン・ザロズィクは、「権力」が「権威」をまとうのではなく、「権威」が「権力」を手にするという転倒した状況を指摘し、法の身分が根本的な変質を被る可能性を危惧している。

 

 フィリップ・ドゥ・ジョルジュによれば、左派から右派にいたるまで「精神のルペン化」が蔓延している。メランションの極論しかり。フィヨンの陰謀説、司法批判(「アカの判事」)、メディア批判しかり。

 

 カトリーヌ・ラザリュス=マテは、“現実という夢“のなかでひとはじぶんが目覚めていると夢みているというラカンの発言を引き、「知ることを欲しない」ことを促すルペン的言説からの覚醒を呼びかけている。

 

 ギ・ブリオルは「国民戦線的言説」の「正常化」に撹乱されぬよう警告する。カロル・ドゥヴァンブルシアン=ラ・サニアも、ルペンがかぶる民主主義の仮面(démocrature)に注意を促す。

 

 ナタリー・ジョルジュ=ランブリシュは、身体という「廃棄物と残存物」の「再処理化」によって、欲動の目標を最悪の事態に対抗することへと向けかえることを提唱する。ルペン的言説は郷愁に基づいており、「詩」すなわち未曾有の生産物を欠いている。

 

 

トランプとセラピストたち

 

 2月21日付のロサンゼルス・タイムズにトランプ現象が精神医療におよぼす影響についての記事が出ている。

 

 いわく「なぜセラピストたちはトランプについて語るのにかくも難儀するのか?」

 

 記事によれば、トランプ現象によってトランプ支持者および非支持者のいずれにも心の病がふえている。

 

 患者がかくも同じ理由でセラピストの門を叩くのは、9.11テロ以来のことであるという。

 

 関係性人格障害摂食障害に関係のなさそうな患者も、いちようにトランプのことを話題にする。

 

 トランプ支持者はトランプに投票したという理由で周囲から孤立してしまっているだけでなく、外国人嫌悪、女性嫌悪(いっしゅの病気ないし狂気である)というレッテルを張られるのではないかという不安に苦しんでいる。

 

 一方、性暴力の被害者である女性たちは、トランプの女性蔑視的な発言に怯えている。

 

 トランプの発言がフラッシュバックを引き起こしたり、被害妄想よばわりされて被害の事実を打ち消されることへの不安を増大させている。

 

 ミネソタ大学教授でセラピストのウィリアム・ドアーティは「トランプはアメリカのメンタルヘルスにとっての唯一の(unique)脅威である」とのマニフェストをウェッブ上にアップし、3800名以上のセラピストがこれに署名した。

 

 トランプはセラピストが奨励しない態度が正常なものであるとの錯覚を流布している。個人的な恐怖や不安ゆえに他人を責めたりする態度や、健全な人間関係を阻害する超マチズモなどがそれである。

 

 ドアーティは先月、「民主主義のための市民セラピスト」というグループを立ち上げた。

 

 患者のみならずセラピストのほうも苦労を抱えている。

 

 精神療法はほんらい私的な生活領域や私的な心理を扱ってきたために、このような「公的なストレス」は扱い慣れていない。

 

 政治的な議論を度外視してトランプ現象を語れるのか? トランプにたいする立場がじぶんと異なる患者をどう治療すべきか? じぶんの政治的立場を治療に反映させてよいのか? 

 

 ことは逆転移、分析家の欲望にかかわっているわけだ。ヒラリー・ゴールシャーというビバリー・ヒルズの精神科医はいみじくも「トランプを裁くことへのセラピストの欲望」ということばをつかっている。

 

 このデリケートな問題については専門家の意見も分かれている。

 

 トランプ個人の人格にセラピストが判断を下してしまう危険もある。これは「ゴールドウォーター・ルール」という取り決めによってセラピストに禁じられている。

 

 1964年の大統領選の際にバリー・ゴールドウォーターを千人以上のセラピストが候補として不適切な人格であると判断した「倫理的勇み足」によって精神医学そのものが信用を失ったことでこの取り決めができた。

 

 セラピストたちは、TwitterFacebook の閲覧をやめたり、負の感情をポジティブな方向に向けかえるといったことをアドヴァイスしている。

 

ラカン的真理とトランプ的真理

 

 Lacan Quotidien  n°610 (2016年11月17日) においてアリス・ドゥラリュが指摘しているように、トランプのことばは自己検閲を逃れ、侮辱や憎悪が言表行為のレベルにとどまることなく言表のレベルにダイレクトに現れている。

 

 The art of deal(邦訳『トランプ自伝』)のなかでトニー・シュウォーツはトランプのこうした文体を「真実味のある誇張法」(hyperbole véridique)と名づけている。

 

 トランプじしんが「プレイボーイ」のインタビューでこう語っている。「おれはなにが売れるか、ひとがなにをほしがっているかをしってるぜ。おれはそれを真実味のある誇張法とよんでいるんだ。つみのない誇張のことさ。で、これが商売のじつに有効なテクニックなんだ」。

 

 大統領上級顧問におさまったスティーヴン・バノンを主幹とするブライバート・ニュースもこの文体を操っている。

 

 ドゥラリュはこの文体を「反論を許容せぬ非対話的な(non-dialectique)宣告であり、議論の余地なき全体的なひとつの真実」とパラフレーズする。

 

 これは mi-dire としてのラカン的 vérité とは異質なものである。

 

 「真理をはっきりと口にするのをさまたげるのは検閲ではない。真理は禁じられたものではないのであって、行間においてのべられるのが真理の構造そのものなのだ」(ジャック=アラン・ミレール)。

 

 トランプ的言説は憎悪から身を守るための「羞恥する能力」(ミレール)をふみにじる。

 

 同じ号のロラン・デュポンによれば、トランプの勝利とは「羞恥の死の勝利」にほかならない。